どうしてつまるの

どうしてつまる、それは、流す量が、流れる許容量を超えていることがほとんどです。

1回の水量で全てを流すのは無理な場合が多々あります。
便器は悲鳴をあげます。

もちろん、1回で流せる量は明らかにはされていませんが、こう考えてみてはどうでしょう。

記憶に無くても、レバーを操作して、もしくは自動で流れて行くタイプの便器でも、

微妙に流れにくいと感じたり、コポッ、ゴボッとかいう音が流れ終わりに聞こえたようなきがしたら、それは、トイレの、便器の軽い悲鳴だということを。

その時の流した汚物、ウンチとトイレットペーパーの合計量を考えてください。

ちょっと、いつもより多かったはずです。

そしたら、次回からは、それぐらいの量になりそうだったら、2回に分けて流しましょうってことですね。

それとともに、流れる水の量が少ないことに起因するものと、許容量が減ってきたことが原因である場合もあります。

流れる、汚物を押し流すための水量がなんらかの原因で少なくなっているということは、タンク内もしくは、水量調節が不具合をおこして、要修理の状態になっているということです。

それか、充分な水量が溜まる前に流してしまったということも考えられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ